抗うつ薬の依存性は?

抗うつ薬を飲み続けていると、薬に対する依存が生じてきて、
一生手放せなくなるのではないか、と心配する人もいますが、
基本的には、病気が治れば薬をやめられます。

 

ただ、なかには薬に依存しているという訳ではないものの、
薬が全くなくなるのは不安だと思う人もいるかもしれません。
そういう時には、医師と相談し、ごく少量を飲み続ける事もできます。

 

また、逆に薬そのものに抵抗を感じる人もいます。
「自分の意思でなんとか頑張る」
「こころを鍛えれば自分で克服できる」
と考える人もいるかもしれませんが、
頑張ってしまうと逆に、うつ病は悪化してしまう病気です。

 

うつ病というのは、自分の意思でコントロールできるものではないので、
何かしらの対処はしなければいけません。

 

抗うつ薬以外にも、精神療法、通電療法などもあります。
また、私のブログには、さまざまなうつ病克服のマニュアルを紹介しています。

自分の納得のいく治療法を探してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ