精神科への偏見を取り除き、気楽に受診しましょう

初めてうつ病になった人は、
やる気が出ない、集中できない、面白くない
という症状だけでは、自分がうつ病だとは気づかないものです。

 

まして、食欲不振や疲労感などの身体的症状が強く、
精神的な症状を自覚してない場合は、うつ病を疑ったりはしないでしょう。

 

しかし、下記のような傾向が続いている場合は、
一度、精神科を受診した方が良いと言えます。

・病気でもないのに食欲がなく、体重が減ってきた

・疲れが取れず、体の調子がどんどん悪くなってきているが、
内科で検査を受けても特に異常は見られない

・日が出る前、早朝に目が覚め、そのあとは眠れなくて、
睡眠不足の日が続いている

このような傾向がみられる場合は、
ただの疲労だと放っておく事をせずに、
精神科で診てもらった方が良いでしょう。

また、家族にこのような傾向の人がいる場合も、
受診を勧めてみましょう。

ID-10035060

精神科というと、

精神病のレッテルを貼られそう
よく分からない薬を処方されそう

などという考えを持っている人も多く、
受診するのをためらう場合もあります。

 

たしかに、精神科に対する世間の偏見は、
いまだに存在しているといえるでしょう。

ID-100156726

私もそうでした。
精神科に行くまでは、上記のような偏見を持っていましたが、
でも、実際に行ってみると、普通の病院と一緒です。

 

まずは、本人が精神科への偏見を取り除き、
気軽に受診するようにしたいですね。

 

それでも、どうしても精神科へ行きたくない、
また、そうした時間が取れない、というのでしたら、
私のブログで紹介している教材、プログラムをお試し下さい。

 

これならば、精神科へ行く事もなく、
自宅で誰にも知られずにうつ病を克服する事もできるでしょう。

 

何も対策を立てないでいると、一番損をするのは自分自身です。
うつ病のたとえようもない苦しみから解放される為には、
他の病気と一緒で、早期に対策を立てることが必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ