ストレス自体よりもストレスをどのように受け止めるかが重要

人は日常生活の中で、さまざまなストレスを受けています。

 

しかし、そうした身体的、精神的ストレスが適度なものであれば、
そのストレスを克服する事を楽しんだり、
成長のバネになったりするので、プラスに作用しますが、
ストレスが強すぎたり、慢性的に続くと、
心身にマイナスの作用を及ぼすようになってしまいます。

 

つまり、慢性的に押しつぶされたボールのように
抵抗力を失ってしまい、
体と心はへこんだ状態のままになってしまいます。

 

その結果、疲れが取れない、イライラする、眠れない、うつ状態になる、などの
さまざまな自律神経失調症が現れてきます。

 

このようにストレスというと、
心身に及ぼす悪影響ばかりが取り上げられますので、
ストレスは人間にとって悪いもの、と思っている人も多いですが、
ストレス自体には、良い悪いという意味はありません。

 

重要なのは、ストレスをどのように感じるかです。

 

個人個人のストレスの受け止め方や感じ方により、
心身への影響度は違ってきます。

 

例えば、会社で責任の重い役職についた場合、
その重責自体に大きなプレッシャーを感じてしまえば、
それは悪いストレスになってしまいます。

 

しかし、それを仕事の励みと捉え、
ますますやる気になっていくようであれば、
それは良いストレスになっていきます。

 

つまり、同じストレスでも、それをどう受け止めるかによって、
ある人にとってはマイナス、ある人にとってはプラスに作用する、
ということです。

 

これは、人それぞれのストレスに対応する力、性格、気質によって
異なってきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ