免疫系システムの役割

免疫系というのは、ウィルスや細菌などの病原体や、
人体にとってのさまざまな異物から体を守るシステムのことです。

 

具体的には、リンパ球や好中球、貪食細胞などのさまざまな細胞や
抗体、免疫グロブリンなどのタンパク質、
サイトカインや活性酸素と呼ばれる生理活性物質などからなる
複雑なシステムのことです。

 

人間の体というのは、今この瞬間でも病原体の侵入を受けていますが、
免疫系が働いてくれているお陰で、病気にならずに済んでいるわけです。

 

また、体内では、老化や発がん性物質によって、
頻繁に未成熟な出来損ないの細胞も作られていますが、
免疫系の細胞がそれらを処理してくれているので、
たいていの場合はガンにまで発病する事はありません。

 

しかし、現代社会で生活していくうちに、
私たちはこうした免疫系の働きを低下させてしまう行為を
やってしまいがちになります。

 

免疫系の働きを低下させるものとしては、
タバコなどの発がん性物質や紫外線、食事の偏り、
太り過ぎや痩せ過ぎ、運動不足や運動し過ぎ、
そして、ストレスなどさまざまものが影響しています。

 

特にストレスについては、注意しなければいけません。

 

あるデータによると、
地震や火山の爆発などによって大災害を被った地域では、
災害後、長期間にわたって感染症やガンの発病率が高いと
いわれています。

 

これは、災害によるさまざまなストレスで
免疫系のシステムの働きが低下した結果だと考えられています。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ