本人が受診を拒む事も

うつ病の疑いがあり、家族が受診をすすめても
「たいしたことないから大丈夫」
「体調を崩しただけ。すぐに良くなる」
と本人がなかなか受診したがらない場合もあります。

 

受診したがらない気持ちも良く分かります。
「うつ病と診断されたら、会社をクビになるかもしれない」
「精神科にかかっていることが周囲に知られたら恥ずかしい」
といったうつ病に対する偏見や間違ったイメージを持ってしまうのも
無理はありません。

 

私も最初はそうでしたから、うつ病と言う病気が一般的に知られるように
なったとはいえ、いざ自分にそういう疑いがかかると
やはり不安になってしまうものです。

 

そのような場合は、家族や周りの人から、うつ病に対する簡単な正しい、
情報を提供してあげることがいいでしょう。

 

「仕事を続けながらでも治療はできる」
「心療内科でも診てもらえる」
など、不安を取り除いてあげる事が必要です。

 

どうしても精神科の受診を嫌がる時には、
最初は、内科などで診てもらうのもいいでしょう。

 

本人には、不眠や頭痛、食欲不振といった身体の症状が起きていることも
あるでしょうから、そういった身体の症状から診察してもらう為にも
最初に内科から受診するのも、ひとつの方法です。

そしてそこから原因を探るうちに、うつ病にたどり着くケースもあります。

 

もし病院自体行きたがらない、というのなら私のブログで紹介している
うつ病治療の為のマニュアルを試してみるのも方法のひとつです。
これなら、病院へ行かずに自宅で簡単にできますし、
薬を飲み続ける必要もないです。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ