身体に現れる症状

気分が落ち込んだり、やる気が出ないということは誰にでもあります。
仕事でミスをしたり、テストでいい点を取れなかったりしたら、
誰でも憂うつな気分になりますよね。

 

こういったことは、通常なら、数日たてば元通りの気持ちに戻るものです。
しかし、うつ病の場合は、その状態が2週間から半年、長くなると
本人が気付かないうちに1年以上も
続いてしまうこともあります。

 

うつ病は「心の風邪」と言われていますが、決して心だけの病気ではなく、
身体にもその症状が現れてきます。

 

身体の症状で一番分かり易いのは、睡眠障害です。
うつ病になった人の9割以上が不眠で悩んでいると
言われているそうです。

 

その他にも、何を食べても美味しくない、と感じたり、
食欲がなくなったり、好きなものでさえも美味しく感じられなくなってしまいます。

 

このように、いつもの自分とは異なる睡眠、食欲の症状が出てきたら
うつ病の可能性が高まってきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ