不安神経症の症状とは

不安神経症には以下のような症状が現われます。

・わけのわからない不安に襲われる
・普段から落ち着かない
・集中力や思考力が低下してきた

など。
こうした症状は、不安神経症の最も典型的な症状です。

 

その他にも、体にあらわれる症状としては、
心臓の鼓動が激しくなる、胸が苦しくなる、呼吸困難になる、
口が渇く、冷や汗が出る、めまいがする、などの症状がよく出ます。

 

こうした症状が出る人は、
何か大きな心理的なストレスを体験している人が多いです。

 

仕事で行き詰ったり、人間関係にトラブルがあったり、
子供の事で心配事があったり、など、
難しい環境に直面しています。

 

会社の倒産や左遷、リストラ、離婚、失恋、夫の浮気、配偶者の死などが
心のバランスを狂わせたと思われるケースも多いです。

 

性格的には、生真面目だったり、忍耐強かったり、
一人で悩みを抱え込んでしまうタイプの人です。

 

不安神経症という名前のとおり、心の不安が原因ですから、
精神安定剤のような薬では根本的に治す事は出来ません。

 

薬で一時的に症状を抑えることはできるかもしれませんが、
服用をやめてしまうと、また元に戻ってしまいます。

 

改善するには、考え方を修正する事が必要になってきます。
ものごとを前向きに考えるようにして、
自分自身を信頼できるような、たくましい心をつくることが
再発のない改善につながっていきます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ