うつ病克服のヒントに

以前はうつ病の原因は、主に性格やストレスによるといわれていましたが、
最近では、脳の機能に障害が起きているのではないか、
という事が解明されてきました。

私たちの思考や感覚は脳の神経細胞に働きによって生まれます。
その神経細胞に信号を流す役割をしているのが神経伝達物質と呼ばれるものです。

うつ病というのは、この神経伝達物質の中のセロトニンとノルアドレナリンが
減少してしまっている状態
だというのが、現在有力になっている説です。

つまり、「やる気」を伝達する物質が少なくなっている状態です。
この状態になると、「気分が落ち込む」「何もする気にならない」「全身がだるい」
などの症状があらわれるようになります。

これは自分の意思ではどうにもならない状態です。

うつ病に関して理解がない人は、
「気持ちをしっかり持てばなんとかなる」「努力が足りないだけ」などと
言ったりしますが、これは間違いです。

脳の機能の問題ですから、気持ちの持ちようで解決する問題ではありません。
本人が普段どおりの生活をしたくても、心と身体がいう事を聞いてくれないんです。

うつ病は心と身体の両方に症状があらわれる病気です。
人によってあらわれる症状も異なってきます。

このブログがあなたのうつ病克服のヒントになってくれたら嬉しいです。

うつ病予防~自分の限界を知って疲れを溜め込まない

うつ病になりやすい人というのは仕事に完璧主義を持ち込み、何事に対しても、 「~すべきだ」 「~が当然」 と考えるような、生真面目で責任感が強い性格の人です。 そのような性格の人は、他人に仕事を任すようなことをせずに、 自・・・

うつ病予防の第一歩は自分にかかっているストレスに早期に気づく事

うつ病が治ったとしても、その人のライフスタイルや考え方などが 以前と変わっていないと、再びうつ病を招く危険性があります。 うつ病はストレスから始まりますので、 まずは、自分にはどんなストレスが溜まっているのかを自覚し、 ・・・

うつ病の人の自動思考~「自分は愛されない人間だ」「自分は無力だ」

自分の考え方や行動をチェックしてみると、 「なぜ自分はいつもこんな風に考えてしまうんだろう」 「なぜ自分は同じことばかり繰り返すんだろう」 と、いつも似たようなパターンが現れるのに気付きます。 人間は生まれてから現在に至・・・

引きこもりのうつ病の方は、自分にできる簡単な行動からゆっくりと

誰にだって、 「何をやっても楽しくない」という虚無感や 「私には何の能力もない」という無力感を 持ってしまう事があります。 しかし、長い期間そうした感情に支配されてしまうと、 「何をやってもどうせうまくいくはずがない」 ・・・

うつ病と自動思考~非現実的、悲観的になり過ぎ~

img-brain14080301

私達人間というのは、目の前に広がっている現実世界を ありのままに見ている訳ではありません。 五感から入ってきた情報を脳の中に取り入れて、 それを自分なりに“解釈”して見ています。 つまり、人間は必・・・

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ