「自律神経失調症の症状」の記事一覧(2 / 3ページ)

神経症性不眠症

仕事の事が気になって、夜になってもなかなか眠る事ができない。 眠ろうとすればするほど、目が冴えてしまってますます眠れなくなる。   こうした睡眠障害は、神経症性不眠症といえるでしょう。   不眠状態が・・・

パニック障害と自律神経

ストレスの影響が最も出やすいのが、精神や神経系のシステムです。   仕事が忙しくて気持ちが落ち着かなかったり、 緊張しすぎて疲れがたまってくると、 寝つきが悪くなったり、朝早く目覚めてしまうこともあります。 &・・・

気管支ぜんそく

ぜんそくとは、文字どおり、あえぐように息をする、 という意味で、ぜんそく発作を起こすと、息苦しくなって 息を吐く時にヒューヒュー、ゼーゼーという音がします。   気管支の周りには薄い筋肉があり、 自律神経などの・・・

過呼吸症候群

呼吸というのは、起きている時でも、寝ている時でもしており、 自分で意識的にできますし、無意識のうちにも行っています。   これは、呼吸器系が自律神経系だけでなく、 運動神経系の支配も受けているからです。 &nb・・・

ストレスと不規則生活による緊張性便秘

緊張性便秘は、ストレスや不規則な生活習慣などが引き金となって 発症することがよくあり、若い人に多くみられる症状です。   緊張性便秘になると、便意はあるのに、 コロコロと小さくて硬い便が少ししか出ません。 &n・・・

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ