あなたには「認知のゆがみ」で否定的に考えるクセがついていませんか?

うつ病にかかりやすい人は物事に対してネガティブに考える“クセ”があります。

状況、場面、物事に対して、事実とは違う、自分の感情だけで判断する為に、
「認知のゆがみ」が起きてしまいます。

自分の心の中で勝手に否定的、悲観的な予測を立てて、
それを “思い込んで” しまう為に、必要以上に緊張してしまい、
正しく行動する事すらできなくなってしまう訳です。

そして、結果的に失敗に終わってしまうと、
否定的な予測が当たってしまったと勘違いして、
更に「認知のゆがみ」が増幅されてしまいます。

例えば、仕事で上司の前でプレゼンテーションをする時にも、

私はうまくプレゼンする自信がない
私が考えたこの企画を気に入ってもらえるわけがない

などと思っていると、
その自信の無さが言動に表れてきます。

そうすると、上司はその企画を気に入っていたとしても
その話しぶり、態度から、

「どこかに問題があるのでは?」

と疑心を抱き、プレゼンテーションが失敗に終わってしまうケースも有ります。

この場合、企画自体には何の問題もなかったのですが、
プレゼンターが自信のない様子を見せたために上司が不安になり、
企画が通らなかったという悪い結果になったといえます。

しかし、うつ病、もしくはうつ病にかかりやすい人は、
認知のゆがみがある為に、そのように考える事ができずに、

やっぱり自分の考えた企画なんて通るはずがない
自分は何をやってもだめな人間なんだ

と思い込みを強める事になります。
img14080701

また、大学入学試験の時でも、
大学に合格できるほどの学力を十分に備えていて、
何の問題もないはずなのに、

自分はこの大学には向いてない
試験に落ちるかもしれない

などと余計な心配していると、その自信の無さが緊張に表れてきて、
本来の自分の力を発揮する事ができず、
結果的に不合格になってしまう場合もあります。

そこでも、認知のゆがみがある人は、

やっぱり私にはこの大学は難し過ぎるんだ
自分は何をやってもだめな人間なんだ

と思い込みを強める事になります。
img14080702

自分がやってきたこれまでの仕事、勉強には何の問題もないのに、
否定的に考えるクセ、つまり「認知のゆがみ」が原因でうまくいかない事に
気付いていないんですね。

これは非常に勿体ないです。

誰でも多かれ少なかれこうした傾向を持っていますが、
あまりにも偏向し過ぎると、人生を台無しにしてしまう危険性もあります。

こうしたクセは直す事ができます。

難しい状況、場面、物事に出くわしたとしても
常に自分の心と向かい合い、
否定的に考えないように自分自身を制御しておきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ