抗うつ薬の服用と休養がうつ病治療の基本

病院で検査をして、うつ病だと分かった場合は、
ほとんどの医師は、患者さんに対して、
きちんと”うつ病”という病名を伝えるはずです。

現在では、うつ病という病名は一般的になっていますし、
患者さんも、病院で診てもらおうと思った時点で

自分はもしかしたらうつ病かもしれない

と、思っているはずなので、うつ病だと医師から言われても
それほどショックを受けたり、拒絶したりする事もないでしょう。

しかし、家族から無理やり連れてこられた場合などは、

自分はうつ病ではなく、怠けているだけだ

と、うつ病を認めないケースも出てきます。

しかし、うつ病を治療し、克服するためには
本人が病気を自覚し、納得していないといけません。

本人が進んで治療に専念する意思がないと、
治るものも治らなくなってしまいます。

ですので、医師の説明を正しく受け止め、
治療の必要性を本人が十分に理解しておくことがとても重要です。

ID-100211522

安静と服用が治療の基本

うつ病の治療は、とにかく

  • よく休む
  • 抗うつ薬の服用

この2点に尽きます。

だいたい1~2週間に1回ほど通院して、病状の変化を医師に知らせ、
その時以外は、できるだけ安静にして、心身を休ませます。

仕事や学校も休んだ方が望ましく、
家事などもやらないに越したことはありません。

どうしても休めない場合なら、
例えば、午後出社にしたり、残業をしないようにしたり、
家事も、家族や親せきに頼むようにして、
安静にできる時間を増やす工夫が必要です。
ID-10033890

また、症状が重い場合は、入院を検討する事も必要になるかもしれません。

抗うつ薬に関しては、おおよそ服用を開始してから
2週間前後でその効果が現れてくるはずです。

そして、その変化を見ながら、医師は薬の量を調節していきます。

症状が改善されて、気分が回復するまでの期間というのは、
患者さんによって違ってきますが、
本人が回復したと自覚しても、再発を防ぐために、
良くなってからも最低6か月ほどは、薬を服用し続ける事が一般的です。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ