うつ病の人との接し方~共感して気持ちを楽にしてあげる

うつ病の人と接する時には、相手の気持ちを推し量り、
その気持ちに共感してあげる言葉をかけてあげましょう。

その上で、楽になるような、リラックスできるような言葉をかけて、
暖かく見守っていきましょう。

例えば、

早く治したい」「早く会社へ復帰したい

と焦っている人には、

その焦る気持ちはよく分かるよ

と共感してあげた上で、

早く治そうと焦らなくても大丈夫。ゆっくり治していこう

と気持ちをなだめてあげましょう。

ID-100147971

また、

なんでうつ病になったのか?」「自分が情けない

と自分を責めている人には、

自分を責めてしまう気持ちはよく分かるよ

と共感してあげてから、

でも、うつ病は心が疲れ果てた結果、起こってしまったんだから、
これ以上自分を責めるのではなく、大切にしてあげることを考えよう

と気持ちを修正してあげましょう。

ID-10065923

それから、

これからどうすれば良いのか」「将来が心配だ

と先々のことを思い悩んでいる人に対しては、

確かに将来のことが心配になる気持ちは理解できるよ

と共感してあげた上で、

でも、うつ病は必ず治る病気だから安心して良いよ

と気落ちを落ち着かせてあげましょう。

周りの人が、患者さんと一緒に焦ったり心配したりしてしまうと、
本人の不安が倍増しますし、共感を示さずにただ

それは違う

と否定の言葉をかけると、本人は突き放された気持ちになってしまいます。

周囲の人は常におおらかな気持ちで支えてあげましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ