女性ならではのストレスがうつ病を招く

今の日本は女性にとっては生きづらい、働きづらい社会
といえるかもしれません。

 

女性を取り巻くストレスを考えてみると
結構たくさんあります。

 

特に「女性はこうあるべき」という社会的通念に
囚われてしまうと、無意識のうちに自分で自分自身に
プレッシャーをかけたり、強いストレスを感じてしまいます。

 

例えば、女性に多いストレスには以下のようなものがあります。

育児をめぐるストレス

子育ては女性の仕事
どのような子供に育つかは、100%母親の責任

というような周囲からの圧力を受けたり、
自分自身でもそのように思ってしまうと、
それが大きなストレスになります。

 

また、仕事との関連でも
託児施設が近くになかったり、
職場が育児に理解を示してくれなかったり、
育児の為に仕事を止めざるを得ない状況になることも
ストレスとなります。

ID-100189186

介護ストレス

親の介護そのものにかかる負担がストレスになるだけでなく、
介護は女性がやるもの
という固定概念自体もストレスに元になります。

 

こうなると肉体的、精神的に過剰に負担がかかる事になり、
親類が無理解だと、対人関係のトラブルにもなりますし、
また、介護によって仕事を断念することにもなりかねません。

ID-100146491

職場におけるストレス

会社内でのストレスというと、人間関係が最も大きい要素となりますが、
女性の場合は、男性社員による
セクシャルハラスメントにも気をつけなければいけません。

 

また、女性というだけで昇進や仕事内容などを差別されたりすることは、
本人の能力とは全く関係ないので、それがストレスとなる事も多いです。

ID-10046971

このような女性特有のストレスが
うつ病を引き起こすケースも多く見られます。

 

男性としては気づきにくい部分もありますので、
身近な女性に対しては気をつけてあげたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ