子供のうつ病

うつ病というと、大人になってからの病気というイメージがありますが、
最近では、小学生、中学生でもうつ病、またはうつ状態に悩んでいる人が
増えています。

 

子供がうつ状態になると、「気分が悪い」とか「おなかが痛い」と
訴えてきて学校を休みがちになったり、不登校や引きこもりに
なってしまうこともあります。

 

子供には、うつ病という病気の認識がほとんどないので、
自分の気持ちがどういう状態なのかをうまく表現できないことが
多いので、「眠れない」とか「食欲がない」など
身体の症状を訴えることが多くなってきます。

 

ですので、親としても、子供の症状が精神的なものであると
気づくのが遅くなってしまいます。
子供のうつ状態には、以下のような症状が表れます。

 

・ふさぎこんで友達と遊ばなくなってきた。
・理由もなく突然泣き出す。
・イライラしたり、投げやりになったりする。
・頭痛や腹痛などの症状を頻繁に訴える。
・不登校気味になったり、引きこもりがちになる。

 

以前はそういうことはなかったのに、上記の症状がみられるように
なった場合は、うつ状態の可能性がありますので、
全国のこども病院などで相談してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ