真面目、協調性がある、社交的、どの性格もうつ病の可能性を秘めている

真面目で仕事熱心、責任感や義務感が強い人は
社会人として高く評価されることが多いです。

 

しかし、ストレスを溜めやすく、うつ病になりやすいという観点では
最も注意すべき性格といえます。

 

自分の限界を超えるほどに努力しても、
その挙句、ストレスも限界を超えてしまい、
うつ病になってしまっては、家族にも職場の人にも迷惑をかけてしまいます。

 

そうした頑張り屋の性格を自分の長所として捉えるだけでなく
自分はストレスを溜めやすいから、うつ病にかかりやすい
と自覚して、ストレスを意識的にかわす、軽減していく必要があります。

ID-10067459

また、自分のことを後回ししにして、相手を優先させるような人も同様です。

 

周囲の人からは、気配りがある、協調性がある、
と好感を持たれるかもしれませんが、
自分は人に対して遠慮して言いたいことが言えないから、
ストレスが溜まりやすく、うつ病にかかりやすい
と認識する事が必要です。

 

もしも、遠慮して自分のことを後回しにしている事に気がついたら、
時には素直に自分の意見を言ったり、素直に感情表現をしたりして、
ストレスを溜めないようにしていきましょう。

ID-100146484

そして、社交的な人でもうつ病になってしまうこともあります。

 

社交的な人とっても、2つのタイプがあって、
人と話すことが大好きで、誰とでも仲良くなれる、
根っからの人間大好きというタイプと、
表面上だけ相手の調子に合わせて、
自分の感情を抑え、波風立てないようにしているタイプ
に分ける事が出来ます。

 

この場合、後者の人は、
人付き合いが良くて、見た目は社交家の人のように見えても、
実際は、自分の感情をうまく表現できずに
対人関係のストレスを抱えていることもあります。

 

どのような性格であっても、
ストレスを溜めやすいという点では一致しています。

 

自分の性格を正しく分析して、ストレスをコントロールする、
受け流す、軽減するように努力していかなければいけません。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ