うつ病の精神面、身体面に現れる症状のまとめ

うつ病には軽度の症状から重度の症状まで、
そして、精神的な面から身体的な面まで、幅広くその症状が現れてきます。

 

このブログでもそうした症状については、
細かく書いていきましたが、ここでそれらについてまとめてみます。 

ID-100174465

上のものは軽度の症状で、下に行くほど重度の症状だと思ってください。

■抑うつ気分

憂うつで気分が落ち込む

気が滅入って虚しい

逆に、イライラして怒りっぽい

■興味の喪失

何をしても面白くない

感情自体が沸き起こってこない

何を食べても美味しく感じない

性的関心が無くなった

■睡眠障害

朝早く目が覚めてしまう

夜中に何度も目を覚ます

疲れているのに寝付けない

■気力の低下

話し方が単調で抑揚がなくなる

声が小さく、無口になる

気力を振り絞らないと何もできない

■思考力の低下

考えがまとまらない

記憶力が低下した

自分で物事が決められず、頭が悪くなったと思う

■罪悪感

些細な失敗でも思い悩む

自分は価値の無い人間だと思い込む

ミスは全て自分の責任だと思い込む

■自殺願望

自分が生きていては周りの人間に申し訳ないと思い込む

自分は死んだ方がよいと思い込む

 

うつ病の症状の現れ方は、人によって様々です。
精神面に多く出る人もいれば、身体面に多く出る人もいます。

 

もしも、自分もしくは、親しい人が、以前と比較して
上記のような症状が出てきている場合には、
うつ病になっている可能性もありますので、注意する必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ