単に憂うつなのか、それともうつ病なのか

憂うつという感情は、人間ならば誰でも持っている基本的な感情のひとつです。

 

社会生活を営む上では、多くの障害、ストレスを経験し、
それによって憂うつな気分になったり、ひどく落ち込んだりするものです。

 

通常の「憂うつ」も「うつ病」も落ち込んだ状態に変わりはないですが、
うつ病のほうがより強い落ち込みに見舞われ、その状態も長く続く傾向にあります。

 

憂うつ」と「うつ病」の境目というのは、ハッキリしているものではなく、
人によってもその現れる症状が違ってくるので、一概には言えませんが、
基本的には以下のような事になると、うつ病を疑ってみた方がよいでしょう。

 

強い落ち込みが2週間以上続く

一般的に、強い落ち込みの状態が2週間以上続いている場合は、
うつ病の可能性があると言われています。

今までなら、たとえ憂うつな日々が続いたとしても、
何かしらのきっかけで気分が晴れていたのに、
そうしたこともなく延々と落ち込んだ状態が続いていたら、
うつ病を心配した方がよいでしょう。

 

楽しみがなくなる

それまで面白いと感じていた趣味やスポーツをしても、
それを楽しいと感じられなくなります。

逆に、趣味に没頭しようとしても、辛いだけと感じたり、
スポーツをしようとしても、疲れるだけと感じるようになります。

また、好きな食べ物でさえも美味しく感じられなくなります。

 

睡眠障害や疲労感が続く

気分の落ち込みと同時に眠れない日々が何日も続いたり
休んでも疲労感が取れないなどの身体的な症状も現れてきたら
うつ病の可能性が高いと言えます。

 

日内変動が起こる

1日のうちで気分が変化することを日内変動と呼んでいますが、
うつ病になると、朝は起きられないほどに気分の落ち込みがひどく、
夕方になると、少しは楽になるという変化が見られます。

 

上記のような症状は、あくまでも目安であり、
全ての人に当てはまるというわけではありませんが、
複数項目が当てはまった場合は、うつ病の可能性があり、
何かしらの対策を考えたほうがよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ