本人と周囲の人は、うつ病について正しい知識を持つように

うつ病は「心の風邪」とも言われているように、
誰でもかかってしまう可能性のある一般的な病気であるという
認識がだんだんと広まってきています。

 

しかし、実際にうつ病にかかった本人からすると、
うつ病なんかにかかっているはずはない
単に怠けているだけで病気ではない
と思って、うつ病である事を認めたがらない場合も多いです。

 

また、うつ病である事を自覚したとしても、自己流のやり方で治したり、
早く治して会社に復帰しなければ
と焦ってしまい、自分自身に余計なプレッシャーをかけている人もいます。

ID-10065923

そうしたやり方、考え方では、うつ病を克服する事は難しいといえます。

 

また、周囲の人も間違った認識を持っている場合も多いです。

 

現在では、「うつ病の人を励ましてはいけない」という事は
一般常識として広がりつつあると思いますが、
中には、そうした事を知らない人も当然います。

 

気持ちを前向きにすればすぐに良くなる
みんな応援してるから頑張れ!
などと、間違った言葉をかける人もいるでしょう。

ID-100100168

一般人の中には、うつ病について、専門的な知識を持っている人は
ほとんどいないでしょう。

 

しかし、うつ病の治療、克服の為には、
患者さん本人と周りのサポートする人がうつ病という病気について
正しい知識をもっていないと、病状を悪化させる事につながってしまいます。

 

ですので、早期治療、再発防止のためにも、
うつ病について十分に理解するように努めていく事が必要とされます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ