ブルーマンデー

うつ病とまではいかなくても、うつ状態というのは日本で生活している人ならば、
誰でも日常的に経験しているものです。

 

例えば、
月曜日から日曜日までの曜日の中で、どの曜日が一番嫌いですか?
と訪ねたとしたら、おそらくほとんどの人が月曜日と答えるでしょう。

 

ブルーマンデーとも言われているように、土日明けの月曜日は
気分が滅入っているし、会社や学校へ行くのが嫌だと感じる人が多いでしょう。

 

布団から出るのも嫌だし、これから1週間仕事をし続けなければいけない、
学校へ行き続けなければ行けない、と考えると気分が落ち込んでしまう。。。

 

こうした心の状態は、うつ状態と言ってもよいでしょう。

 

うつ状態になると、脳の活動レベルが低下して、体の動きも鈍くなります。
人とのコミュニケーションも面倒になって、会話をしたがらず、
話すこと自体が億劫になります。
考えるスピードも遅くなり、記憶力や判断力、決断力も鈍くなります。

 

そして、そうした状態が続くと、自分自身でも嫌気がさしてきて
自己嫌悪や劣等感などを持ってしまいます。

 

しかし、このような心の変化をうつ状態と認識している人は
ほとんどいません。

 

人によっては、心の変化が体にも悪影響を及ぼして、
自律神経のバランスを崩してしまい、
体のだるさや胃の痛みを訴える事となります。

 

こうなると、体の変調ばかりが目立ってきて、それに意識が向けられる事になり、
自分がうつ状態、もしくはうつ病であると気づかないままとなります。

 

いわゆる「仮面うつ病」と呼ばれる状態です。

 

仮面うつ病とは、うつ病であるにも関わらず、本人がそれを認識せず、
腹痛や頭痛、めまいや動悸、睡眠障害などの体の症状ばかりを訴える状態です。

 

うつ病という病気は、一般的ではなくどのような症状が出るのか、
本人にも分かりづらい面があるので、
仮面うつ病になっている人が、今の日本には結構多くいることが推測されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ