タバコはリラックスからストレスへ変わっていく危険な合法的ドラッグ

心身への影響が大きい嗜好品として挙げられるのが、タバコです。

 

タバコに含まれているニコチンには覚醒、興奮作用があり、
自律神経の中の交感神経を一時的に刺激するので、
集中力を高めたり、気分転換できたりします。

 

ニコチンというのは、鼻や肺などの粘膜から、直接吸収されるので、
コーヒーなどに含まれるカフェインよりもはるかに即効性があって、
また、血中濃度が低下するのも早いです。

 

それにより、すぐに吸いたくなるという依存性を生じやすく、
喫煙本数が増えていってしまいます。

 

ニコチンの血中濃度が低下すると、体がニコチンを欲しがって
イライラしたり、だるさを感じたり、集中できないなどの禁痰症状が起こる為に、
ついついタバコを吸ってしまい、ある意味では合法的なドラッグと言えるでしょう。

 

最初はみんな、「何となく」「興味本位で」吸ってみるわけですが、
依存性が強くなると、
リラックスする為に」「吸うとホッとする
という気持ちに変わり、
更に依存度が増していくと、
吸わないと落ち着かない」「タバコがないとイライラする
という気持ちに変化していきます。

 

最初はリラックスに役立っていたわけですが、
依存度が増すにつれて、タバコ自体がストレス要因に変わってしまっています。

 

もちろん精神的な依存性だけではなく、発がん性物質であることや、
呼吸器系の疾患、循環器系の疾患を招きやすいものでもあります。

 

タバコは「百害あって一利なし」です。
心の改善には精神的依存の強いタバコは、やめるに越した事はないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ