自律神経失調症の克服には生活と性格の改善を

自律神経失調症に悩んでいる人は、働き過ぎ、睡眠不足、運動不足、偏食など、
日常生活のリズムの乱れが習慣となっている場合が多いです。

 

生活のリズムの乱れは自律神経の乱れにつながります。

 

そして、さまざまなストレスの原因にもなりますので、
更に自律神経のバランスが崩れ易くなってしまい、
そのまま放っておくと、うつ病などの心の病気に発展してしまう恐れもあります。

 

ですので、不規則な生活習慣を改善することが必要となります。

 

また、偏った性格や考え方、行動パターンが原因で
自らストレスを溜め込んでしまう人もいます。

 

特に、責任感が強い人、神経質すぎる人などは要注意です。
このような人は、偏った心の持ち方と行動を修正するように心がけ、
心身のリラックスを図りましょう。

 

生活習慣の悪い面を修正し、心の持ち方の悪い面を修正することで
ストレスを軽減し、健康的な毎日を送ることを意識しましょう。

 

常に自分自身の心と体に気を配り、
自分なりのストレス解消法を持つことが重要です。

 

例えば、疲れを癒す為にゆっくりとぬるめのお風呂につかる、
ということでも良いです。

 

それに加えて、お風呂でアロマテラピーを楽しんだり、
または、半身浴を試してみたり、と自分なりに工夫すると
ストレスが緩和でき、心身の不調の改善、病気の予防にもつながります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ