カウンセリングは人生相談ではない

医師やカウンセラーが患者さんの話を聞き、
つらい気持ちに共感しながら、ストレスの原因や対処の方法を
一緒に考えていくのがカウンセリングと呼ばれる心理療法です。

 

本来なら、カウンセリングとまではいかなくても、
患者さんの話をよく聞いてあげることは
一般の外来でも日常的に行われるべきものですが、
大勢の患者さんで混んでいる病院では、
なかなか時間をかけて話を聞いてもらうのは困難ですね。

 

カウンセリングでは患者さんの置かれた立場、事情、生活習慣などに
詳しく立ち入って話を聞き、時にはアドナイスを行いながら、
患者さん自身が解決の糸口を見つけられるように手助けします。

 

具合が悪くなっていった経緯を振り返って、
なぜそうなってしまったのか
を患者さんと一緒に考え、解決方法を探っていきます。

 

しかし、カウンセラーが、
こうしたほうが良い
と積極的に指導する事はありません。

 

患者さんによっては、カウンセリングを人生相談や悩み相談と
同じように考えていて、
何もアドバイスしてもらえない
と不満や物足りなさを訴える人もいるようです。

 

しかしカウンセリングとは、患者さん自身がそれまで抱えていた問題や
性格的な偏りなどに気づいて、マイナスの行動パターンを変えていけるように
援助する事が目的です。

 

ですからカウンセラーは、悪循環を防ぐためのヒントを示す事はあっても
直接答えを出す事はできない、ということを認識しておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ