自律神経失調症の薬は怖い?

自律神経失調症の治療期間は、その人の症状などによって個人差が大きく、
1~2週間に1度の割合で数ヶ月通院して改善する人いれば、
5年以上治療を続けている人もいます。

 

再発する場合もありますので、
一般的には2~3年の時間をかけて生活習慣の改善を図ったり、
ストレスを自分でコントロールできるような習慣を学んでいく事が必要です。

 

また、病院で治療を受けるのなら、もちろん薬を処方される事になります。

 

しかし、自律神経失調症の患者さんの中には、薬を処方されても
指示通りに服用しない人もいるそうです。

 

理由はいろいろありますが、
症状がかなりひどくならない限りは、薬を飲みたくない、
副作用が怖い、
中毒になってしまうかもしれない、
など、なるべく薬を飲まないようにしている人もいます。

 

薬に対する抵抗感や警戒心、不安感などを抱いているのでしょうが、
病院で治療を受けているのであれば、医師の指示通りに
定期的に飲み続けた方が良いでしょう。

 

でなければ、病院へ行っている意味がないですからね。

 

もちろん薬を飲まずにやり過ごしていても
死に至ることはほとんどありませんので、
症状に耐えながらとりあえず毎日を過ごせるのなら、
それでも良いという人もいるかもしれません。

 

しかし、元通りの自分に戻りたい、根本的に克服したい、
と思っているのなら、医師を信じ、薬を信じて、
有効に使うべきでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ