病院で診てもらう時には、医師との信頼関係が重要

うつ病でも自律神経失調症でも、
処方された薬を服用してもなかなか症状が良くならない、
症状のつらさを理解してもらえない、
きちんと納得のいくような病気の説明をしてもらえない、
など、様々な理由をつけて次から次へと病院を変える、
いわゆる"ドクターショッピング"を繰り返す人も多いそうです。

 

どんな病気でもいえることですが、
とくにうつ病や自律神経失調症などの
ストレスや心のあり方が影響する病気では、
医師との信頼関係がとても重要になってきます。

 

単に今現れている症状を薬によって治すだけの対症療法では、
なかなか根本的な改善にはなりません。

 

やはり、どんな時にどのような症状が起こりやすいのか、
そこにはどのような精神的な問題が絡んでいるのか、
そういったことを患者さんと一緒になって考え、
患者さんの実生活に基づいた治療や適切なアドバイスを
してくれるような医師が一番信頼できますね。

 

そういった点では、心療内科や精神科などが
もっとも適しているといえますが、
一般の内科などでもカウンセリング的な対応をしてくれる事もありますので、
そういったところで相談してみるのも良いかもしれません。

 

いずれにしても、心の病気の治療、克服には
医師との信頼関係が重要項目となりますので、
ドクターショッピングを勧めるわけではないですが、
信頼関係が得られないならば、病院を変えてみることも必要です。

 

人間ですから相性ということもあります。
信頼できる医師を見つけることも治療を早める事につながります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ