自分にとってのストレスの許容量はどのくらいか

外気温が急に下がって、寒さを感じると、
体にとっては、これもストレスです。

 

その信号をすぐに体が感じとって、冷えた体を温める為に、
体を震わして血液の流れを活発にしようとしますし、
筋肉を痙攣させて体温を上昇させようとします。

 

これが、ストレスとそれに対抗しようとする体の反応の関係です。

 

ストレスは人間が活動する為には欠かせないものです。

 

しかしそれも、その人の許容範囲内でのことです。

 

限界を超えたストレスには、心も体も対抗できなくなり、
心身が破壊されてしまう危険性があります。

 

例えば、ランニングやジョギングは、健康に良いとされています。

 

しかし走るという行為は、体に負担をかける、
つまり、ストレスをかける行為でもあります。

 

にも関わらず、それが健康に良いとされているのは、
適度の運動であるからです。

 

適度な負担やストレスを筋肉や骨にかける事によって
体内の組織が活性化し、より筋肉や骨が丈夫になって
バランスの良い健康状態が維持できるようになります。

 

しかし、走り過ぎたり、無理をして走り続けた場合、
それは有害なストレスに変わってしまいます。

 

マラソン選手などは、過度なストレスを心と体にかけ続けています。
確かに人並み以上の身体能力を持っていますが、
だからといって健康的であるとはいえませんね。

 

限界を超えたトレーニングを続けた結果、
故障に悩まされ、身も心もボロボロの選手もたくさんいます。

 

私たちが行うジョギングなどは、競い合うものではないので、
ストレスを感じたらスピードを落とせばいいし、
適度の休憩を入れながら走る、ということをすれば良いわけです。

 

自分にとって適度なストレスとはどの程度なのか、
許容量はどのくらいなのか、
自分で判断できるようにしておきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ