良いストレス?悪いストレス?

本来の意味からすると、ストレスに良いも悪いもありません。

 

人間が勝手にストレスは悪いもの、気持ちを凹ませる物、体調を崩すもの、
と決め付けているだけです。

 

ストレスは、人間にとって必要不可欠なものです。
生きていく為には欠かせないものであり、
逆にいうと、ストレスがなければ、人間は生きていけないともいえます。

 

では、どうしてストレスが人間に必要なのか。
それは、ストレスが心身のバランスをとるのに役立っているからです。

 

もしストレスがなければ、人は働かないですし、努力する事もないでしょう。
その結果、人間的な成長もないでしょう。

 

ストレスで心と身体のバランスを調節し、
それが生命活動を維持することに役立っているわけです。

 

人間だけでなく全ての生き物は、環境に適応し、
その環境をうまく利用しながら生きています。

 

これもストレスがあるからです。

 

人間の体の一部に対して、外部から圧力が加わると、
そこが反応して歪みとなります。

 

すると、その歪みを元に戻そうとする働きが生じます。
これがストレスからの回復反応です。

 

ゴムボールを指で押すと、ボールは歪みます。
しかし、指を離すとボールは元の丸い状態に戻ります。

 

ボールが歪んでいる時が、ストレスを受けている状態で、
ボールが元通りになろうとする力が、ストレスへの抵抗力です。

 

もし、この抵抗力がなければ、人間の体は僅かな外部の刺激で
歪んだ状態のままになってしまいます。

 

ストレスとして加わる力と、ストレスに対する抵抗力が
バランスよく拮抗しているおかげで、
身体的にも精神的にも健康でいられるし、
正常な生活を送る事ができているともいえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ