不定愁訴とは

不定愁訴という言葉を聞いた事がありますでしょうか。
あまり馴染みのない言葉ですね。

 

私もうつ病について勉強する以前は聞いた事がありませんでした。
おそらく精神的な病気に関する知識のない人は
ほとんど知らないでしょう。

 

不定愁訴とはどういった症状をいうのかというと、
これといった原因は分からないが、何となく憂うつである、
気分がすぐれない、体の調子がはっきりしない、
といった症状を日常的に経験する事です。

 

別の言い方をすると、
明白な器質的な疾患がみられないのに、
さまざまな自覚症状を訴える状態

とも言う事もできます。

 

ある特定の症状にずっと悩まされることもありますし、
いろいろな症状が入れ替わり立ち代り現われることもあります。

 

不定愁訴の原因は何なのかは、今でもよく分かっていません。
自律神経失調症であるとも言われていますが、
それだけではない場合もあります。

 

身体的な異常が見られないだけに、
なかなか原因を特定するのは難しいようです。

 

しかし、これが中年以降の人に、初めて現れた症状であれば、
主に老化に伴う肉体的変化がその原因である、と推察する事もできます。

 

いわゆる更年期が原因であるとも言えます。

 

更年期は女性だけのものと思っている人も多いですが、
実は男性にもあります。

 

女性は閉経という目だったターニングポイントがありますので、
分かりやすいですが、男性にはそうした身体的な変化がないうえに、
更年期の症状としてもあまり目立った特徴がありません。

 

よく言われるのは、男性の更年期には
女性の場合と同じく、何となく憂うつであったり、
我慢する事ができず、すぐに怒り出したり、イライラしたり、
逆に、妙にふさぎ込んだり、といったうつ病に似た症状も見られます。

 

そうした事で、初老期のうつ病などと間違われる事もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ