抗不安薬について

うつ病の治療には、SSRIなどの抗うつ薬を使用するのが一般的ですが、
十分な休養を確保する為に、それ以外の薬が処方される事もあります。

 

薬の分類としては、抗不安薬睡眠導入剤気分安定薬などというものです。

 

抗不安薬は、神経の昂ぶりから生じる不安や焦りなどの症状を軽くします。

 

効果としては、抗うつ薬と似ていますが、
抗うつ薬と比較すると効果が早く表れるのが特徴です。

 

その為、抗うつ薬の効果が表れるまでの間に併用する事もあります。

 

代表的な抗不安薬には、
ロラゼパム(商品名:ワイパックス)
クロキサゾラム(商品名:セパゾン)
ロフラゼプ酸エチル(商品名:メイラックス)
といったものがあります。

 

どれも不安や焦りを抑えるだけでなく、適度な眠気をもたらす為、
十分な休息を取る時には最適な薬となるでしょう。

 

中でも、メイラックスなどは、効いている時間が長いので、
昼夜を問わず睡眠を十分に取らなければならない人には、
効果的な薬といえます。

 

そして、うつ病の回復が進んでいくにつれて、
セパゾンやワイパックスなどの作用時間の比較的短いものに切り換えていって、
昼間は活動性を維持できるようにする、といった処方の仕方も取られています。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ