過呼吸症候群

呼吸というのは、起きている時でも、寝ている時でもしており、
自分で意識的にできますし、無意識のうちにも行っています。

 

これは、呼吸器系が自律神経系だけでなく、
運動神経系の支配も受けているからです。

 

もちろん私たちは、睡眠中をはじめ、大半の時間は
呼吸をしていることを意識していません。

 

例えば、血中の二酸化炭素がわずかに増えれば、
呼吸が活発になったり、ため息をついたりして、
血中の酸素と二酸化炭素が常に一定の範囲に保たれるように
自律神経系が働いてくれます。

 

しかし、ストレスで緊張状態になったり、疲れが溜まったりすると、
自律神経によるこの自然な調整がうまく機能しなくなり、
さまざまな症状が現われてきます。

 

その一例を挙げると、過呼吸症候群という症状があります
これは、突然息苦しさを感じて、呼吸が浅く荒くなる症状です。

 

いくら呼吸をしても空気が足りないと感じたり、
力を入れないと空気が吸えないような気がして、
呼吸の仕方がより激しくなってしまいます。

 

しかし、そうした呼吸を続けていると、
血液中の二酸化炭素の量が減って、血液がアルカリ性に傾いてしまう為、
ますます息苦しさを感じてしまい、さらに呼吸が荒くなるという
悪循環に陥ってしまいます。

 

血液がアルカリ性になると、
頭がボーっとしたり、手足のしびれや脱力感に襲われ、
ひどい場合は失神や痙攣を起こす事もあります。

 

こうした症状は、ほとんどの場合
不安感、緊張感などの精神的ストレスが原因になっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ