仕事をしている自分を想像しても平気か

うつ病で休職している状態から、職場復帰する際に最も重要なのは
患者さん本人が職場復帰に対してどのように感じているか、です。

 

たとえば、患者さんが以下のようなことを想像してみます。

 

朝7時に起きて、8時に家を出て、満員電車に乗って出社する
電車から降りて、会社までの道のりを歩いている
会社に着き、周りのみんなと挨拶を交わす
パソコンを起動して、メールをチェックする

 

このような幾つかの場面を頭の中で想像した時に、
どのような気持ちになるかが問題です。

 

症状が回復し、精神的にも肉体的にも状況が整ってくると
なんとかやれそうだ
と感じる事ができますが、まだ回復が不十分な人だと、
想像するだけで胸が苦しくなる
頭が痛くなってくる
などの思いが先にたってくるでしょう。

 

後者の場合は、まだうつ病を克服した段階とはいえず、
復帰までには、もう少し時間がかかると考えた方がよいでしょう。

 

頭の中で復帰後の情景を思い描くということは、
自分の体に対して、「復帰できるかどうか」を
問いかける事でもあります。

 

素直に自分自身に問いかけ、
不安感がないことが仕事に復帰できるタイミングともいえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ