抗うつ薬だけでは完治できない

うつ病は薬を服用していれば自動的に治るという病気ではありません。

 

もちろん、睡眠環境を改善したり、不安を軽減して、
ゆっくり休める状態をつくったりして、
今起きている症状を改善する為に、
薬を使うことは必須といえるでしょう。

 

しかし、薬さえ服用していれば、後は何も改善しなくても
自動的に回復に至る、というものではありません。

 

うつ病とは、脳に発症した心身症であると、言う事ができます。
別の言い方をすれば、うつ病とは、心がストレスを受け止めて、
脳という臓器を通して、表に出た病気
、となります。

 

とするならば、薬の効果だけを確認していても意味はありません。

 

当たり前の事ですが、
薬を服用していても、それによってその人のストレスの要因が
なくなるわけではありません。

 

例えば、その人のストレスの要因が、会社における人間関係だった場合、
薬を服用したとしても、
その人の会社の人間関係が改善されるわけではありません。

 

やはり、その人の生活環境、生活状況、心理的ストレスが
どれくらいかかっているのかなどを総合的に判断する事が必要になってきます。

 

単に対処療法的に薬を投与するのみで、漠然と治療を進めても
どの程度の回復過程にあるのかは、判断しにくいでしょう。

 

もし回復が不十分な段階で、復職してしまった場合、
簡単にうつ病が再発してしまい、
うつ病は治りにくい病気だ、と本人も誤解してしまう可能性もあります。

 

本来しっかり治療をすれば確実に治るはずの単極性うつ病についても、
こうした治療方法の誤りで回復が長引いてしまうこともあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ