ノルアドレナリンを増やす食品

ノルアドレナリンの分泌量が増えると、感情、思考の活動が高まります。
それにより意欲的になったり、活力に満ちた行動がとれるようになります。

 

ですので、ノルアドレナリンの量を減らさない為にも
細胞内での合成を高めることが必要です。

 

ノルアドレナリンの原材料もアミノ酸で、これはフェニルアラニンといいます。
トリプトファンと同じく必須アミノ酸のひとつで、
体内に摂取されると、チロシンというアミノ酸に変わります。

 

チロシンが神経伝達物質のひとつであるドーパミンに変わり、
ここからノルアドレナリンが作られます。

 

フェニルアラニンもチロシンも、どちらもアミノ酸なので、
トリプトファンと同じようにタンパク質食品に多く含まれます。

 

肉類、鰹節、チーズ、牛乳、卵黄などの他、
バナナ、ピーナッツ、タケノコなどにも多く含まれています。

 

うつ病の回復期になると、肉類を食べたくなる人が
多くなる傾向があるそうです。

 

これは、体がフェニルアラニンやチロシンを
欲しがっているからではないかと言われています。

 

また、ノルアドレナリンの場合も、セロトニンの時と同様に
原材料を摂取するだけでなく、
それを体内で生成されやすい状況にする事も必要で、
ビタミンB6,B12,Cといった補酵素を摂取する事も重要なポイントとなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ