性格は変えられる?

潜在意識に対しては、私たちの意志はほとんど無力です。

 

例えば、夢の中で、一生懸命に走ろうと思っても、
体がいう事を聞いてくれずなかなか走れない、という
経験をしている人は多いと思います。

 

また、夢の内容というのは、
全くのデタラメで理屈にあっていないものが多いです。
メチャクチャで脈略がありません。

 

そこでは、道理や理屈も存在しません。

 

潜在意識にあるものは、理性ではなく、本能や感情です。
学校へ行きたくない。またいじめられる。。。

 

社会人になったとしても、
このような、学校でいじめられたり、先生に叱られたりした時の
マイナスの感情が潜在意識の中に溜まっています。

 

顕在意識では、その事を忘れていても、
潜在意識では、しっかり残っています。

 

自分を守ろうとする防衛反応と結びついているので、
極めて頑丈で強固なものです。

 

ですので、その人の感じ方や考え方、性格などは
潜在意識にどのような感情があるかによって、
だいたい決まってきます。

 

子供の頃にいじめられたり、叱られてばかりいたら、
社会人になっても、そうした他人に対する恐怖感を持ったままの
性格になっていくでしょう。

 

また、それとは逆に、
愛情をいっぱい浴びて育った子供は、他人に対して優しく、
親和的な性格になっていくでしょう。

 

性格は変えられない、という事が言われていますが、
そうではなく、顕在意識にガードされた心の奥深くの潜在意識に
溜まっているマイナスの感情に働きかけ、
それを取り除く事ができれば、性格はある程度変える事ができるんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ