自律訓練法の姿勢

自律訓練法の考案者であるシュルツ氏は、
①仰向けに寝る
②普通の椅子に座る
③安楽椅子に座る
の3つの姿勢を提唱しています。

 

「訓練時の姿勢」

 

①仰向けに寝て行う

ベッドや布団の上に寝ます。
頭は枕にのせて、手のひらを下に向けて、ひじを少し曲げて、
体から少し離れたところにおきます。

 

足は肩幅と同じくらいに開いて、
いちばん楽で自然な位置に開いて置きます。

 

もし、足を伸ばした時に、突っ張るようで不安定な人は、
ひざの下にタオルケットなどをたたんだものを入れて、
安定した足の状態にします。

 

目は軽く閉じて、口もとは軽く緩めた状態にします。

 

②普通の椅子に座る

仕事中でも、電車の中でも、いざという時に
いつでも実践できるように、この姿勢による練習もしておきたいです。

 

まず、椅子に深く腰かけますが、
背もたれにはもたれかからないようにします。

 

足は肩幅くらいに開き、少し前に出して、ひざが90度よりも
ちょっと広くなるようにして、足の裏はしっかり地につけて座ります。

 

腕は、手のひらを下に向けて、
太ももの上に軽く落としたように置きます。
ひじ掛けがある椅子なら、ひじ掛けに腕をのせても良いです。

 

頭は力を抜いて、軽く前に倒します。

 

とにかく、どこかが苦しいと感じないようなラクな姿勢を心がけます。

 

③安楽椅子に座る

ソファーのような、柔軟性のある柔らかな椅子ですね。
姿勢としては、先に述べた仰向けの姿勢と、
椅子に座る姿勢の中間的な姿勢です。

 

この場合も上記の①②を参考に、
いちばんラクな姿勢をとりましょう。

 

この後、「訓練の方法」と進みますが、それは次回以降に説明します。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ