頭では分かっていても体が動かない

先の記事では、東京タワーの透明床を例に挙げましたが、
スカイツリーにも透明床があるそうですね。

 

しかもスカイツリーの透明床の、地上からの距離は300メートル以上あるんだとか。
絶対立てないです。。。

 

今回はもうひとつ例を挙げてみます。

 

地面に幅50センチ、長さ10メートルの長い板が置かれているとします。

 

「その上を渡りきりなさい」
といわれたらできない人はいませんよね。

 

誰だって平気で10メートル渡りきる事ができます。
走ったり、スキップしながらでも渡れるでしょう。

 

しかし、同じ板が地上100メートル上空にかかっていたらどうでしょうか。

 

ビルとビルの屋上をつなぐように幅50センチ、長さ10メートルの板があります。
下を覗くと、人や車が小さく見えます。

 

こうした状態では、ほとんどの人は足が震えて渡れなくなるでしょう。

 

同じ板なのに、地上100メートルになると渡れなくなってしまう。
もちろんこれは、その高さが恐怖感を与えているからです。

 

板でなくてもいいです。
幅50センチの絶対に曲がったり折れたりしない鋼鉄でもいいです。
そして、風も絶対に吹く事がない無風の状態が約束されています。

 

それでもやっぱり渡る事はできないでしょう。

 

「地上ではスラスラ足を踏み外すことなく渡れたんだから、
上空でも渡れないはずがない」
合理的に理屈的に考えればその通りでしょう。

 

でも実際は渡れないです。
板の幅を1メートルにしても、やっぱりほとんどの人は
一歩も踏み出せないでしょう。

 

「理論的には渡れるはずだ」とどれだけ自分に言い聞かせても、
どうしても転落のイメージを持ってしまいます。

 

怖くて足が震えてきます。心臓がドキドキしてきます。
そして、こうした症状を自分の意志で抑えることができません。

 

落ちたらどうしよう、という不安感、恐怖感が
自分の意志とは無関係に、心と身体を縛りつけてしまいます。

 

こうした不安感、恐怖感は、ストレスと同じです。
人間の身体というのは、強いストレス、慢性的なストレスを受けていると、
自分の思うようには、動いてくれなくなっていきます。

 

つまり、ストレスにより自律神経のコントロールがうまくいかなくなり、
訳もなく心臓がドキドキしたり、不必要に緊張したりします。

 

その症状がひどくなって、心や体に不調や障害が出てくるのが、
自律神経失調症です。

 

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム
自律神経失調症・パニック障害の悩みを抱える多くの方々が、
ご自宅で、ご自分で、簡単に、実践できるように
プログラムという形で、DVDとテキストにまとめたものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ