脳内物質の分泌を促す

うつ病を薬だけで治そうとするのは問題です。

 

うつ病の原因は、自分自身の考え方のクセや歪みが
原因になっていることが多いです。

 

抗うつ剤の服用と並行して、そうしたクセや歪みも治し、
双方向からうつの改善を図っていくことが、
最もよく行われている治療法であり、効果も一番確かといえます。

 

脳の中には、いくつかの神経伝達物質が存在していて、
それぞれの役割を果たしています。

 

例えば、うつ病の原因物質と考えられているセロトニンには、
精神を安定させる役割があり、
ノルアドレナリンには、元気を出す役割が、
ドーパミンには快感を促す役割があります。

 

これらの脳内物質が増えれば、精神が安定したり、
喜んだり、快感を感じるようになります。

 

つまり、セロトニン、ドーパミンなどの脳内物質を増やせば、
心が落ち着いたり、気分が高まったり、より強く喜びを感じるように
なっていきます。

 

これを逆に言うと、私たちが心の底から楽しんだり、喜んだりすれば、
その分、脳内物質が増えるという事もいえます。

 

ですので、うつを感じたら、心の底から楽しめることをして、
脳内物質の分泌を促すようにしましょう。

 

例えば、恋愛なども脳内物質の分泌を促す行為です。
恋をすると、普段は見過ごしていた出来事や物事、
ほんのちょっとした事、夜空に星が見えた、
風がどこからか花の香りを運んできた、
こんな事にもワクワク、ドキドキします。

これはドーパミンが増えている証拠ともいえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ