抗うつ剤の種類

抗うつ剤について簡単に説明しておきます。

 

・三環系抗うつ剤

抗うつ剤の中では、最も古くからあり、第一世代の抗うつ剤と言われています。
セロトニン、ノルアドレナリンの働きを促すだけでなく、
副交感神経の働きを抑えます。

 

具体的な薬品名としては、
アミトリプチリン(主な商品名はトリプタノール、ラントロンなど)、
イミプラミン(トフラニール、イミドールなど)、
クロミプラミン(アナフラニール)、
ノルトリプチリン(ノリトレン)、
などがあります。

 

三環系抗うつ剤は、服用してから効果が出るまでに、
二週間ほどかかること、副交感神経の働きを抑える為に、
口が渇く、便秘などの副作用が起こるなどの問題があります。

 

・四環系抗うつ剤

第一世代の欠点を改善してできた四環系の抗うつ剤は、
第二世代の抗うつ剤と呼ばれています。

 

具体的な薬品名としては、
アミンセリン(主な商品名はテトラミド)、
セチプチリン(テシプール)、
トラゾドン(レスリン)
などがあります。

 

ただし、副作用が軽くなった分、効果もやや軽くなっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ