脳はブラックボックス

脳の働きは、今でも全てが分かっているわけではありません。
ほとんどブラックボックスのままです。

 

精神活動についても、脳についても、解明された事は、
ほんの一部だけにすぎません。

 

ただ、そうした中でも、脳の機能と感情の関係について、
急速にいろいろな事が見え始めてきたのも事実です。

 

その成果の一つに、
うつ病は、脳そのものが傷ついたり、冒された訳ではなく、
脳内伝達物質モノアミンの一つのセロトニンが一時的に不足し、
脳の働きが低調になった状態である

という事の発見があります。

 

この事実が分かった事から、
うつ病の治療は大きく前進することになりました。

 

不足していたセロトニンを抗うつ剤を使って補い、
劇的な効果を得られるようになりました。

 

昔から使われているのは、
三環系抗うつ剤四環系抗うつ剤と呼ばれているものです。
三環系とか四環系という言葉は、
化学構造式のベンゼン核にある環の数からきています。

 

抗うつ剤の開発は、更に進んでいて、
SSRISNRIという新しいタイプもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ