イライラしたらウォーキング

仕事中にイライラしたり、ストレスが溜まったりしたら、
昼休みにでも外に出て気晴らしに散歩するのもいいでしょう。

 

正しい姿勢で、腕をよく振って、
1時間に4キロ程度の速度で歩くウォーキングは、
全身の筋肉のは8割以上を使う理想的なエクササイズと
言われていて、心の健康にも良いです。

 

なので、ダラダラと歩いているだけでは効果は薄くなってしまいます。

 

また、日課と決めたからには何が何でも、と生真面目に考え、
自分にプレッシャーをかけるのも良くないです。

 

ストレスの原因になったことをあれこれ考えながら歩くのも
かえってストレスを溜め込んでしまいます。

 

そんな傾向にある人にお勧めなのが、
いつもと違った道を歩く事です。

 

人間には意外なほど習慣性があります。
毎日の通勤、外回り、昼休み、など、
決まった道を通る人が圧倒的に多いです。

 

なので、例えばいつもより一本先の角を曲がってみるだけで、
周囲の雰囲気が違って見えてしまうことに、
ちょっとした驚きを感じる事ができるでしょう。

 

ジョギングやウォーキングは、
有酸素運動の代表であり、体内に程よく酸素を取り入れ、
その結果、頭をすっきりさせる効果があります。

 

変化のない、マンネリの毎日は、
心に喜びが沸き立つ事が少なく、
会社で上司と意見が対立した、
部下が思うように動いてくれない、
などのちょっとした事から、憂うつな気分になりやすいです。

 

こまめに生活に変化をつけるような工夫をして、
心に新鮮な驚きや刺激を与えるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ