ストレスと免疫系細胞

ストレスはうつ病の原因になるばかりでなく、
強いストレスが長く続くと、免疫システムが弱ってしまい、
癌になりやすくなることも分かってきています。

 

体内に異物が侵入すると、免疫系の様々な細胞が
即座に抗体をつくって体を守ろうとします。

 

中でも、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、
癌などの腫瘍細胞を殺すという重要な役割を持っています。

 

ストレスが免疫系の器官に影響を与えると、
NK細胞の活動が低下してしまい、
腫瘍細胞を殺すという役割が弱くなってしまうので、
結果的に癌が発生し易くなってしまいます。

 

そして、そのNK細胞の活動を低下させる原因のほとんどは
精神的要因、つまりストレスであることが分かってきています。

 

ストレスがうつ病の原因になるメカニズムは、
この免疫系からも確かめられつつあります。

 

脳内で作られるホルモンのほとんどは、
免疫系細胞でも作られます。

 

ストレスがなぜ、脳内物質のセロトニンの分泌量に影響を与えるのか、
この詳しいメカニズムは、まだ解明されていませんが、
セロトニンの分泌も免疫系の細胞と密接に関わっている可能性が
高いといわれています。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ