簡単な認知のゆがみの治しかた

認知のゆがみを正すには、自分の考えのどこにゆがみがあるのかを
探り出す必要があります。

 

まず、今自分を憂うつにさせている原因が何であるかを、
できるだけ具体的、客観的に整理してみましょう。

 

悩んでいる問題点について、
思いつくままにノートなどに書き出してみてください。

 

例えば、
「自分は会社で嫌われている」と思って気分が落ち込んでいるなら
「なぜ自分は嫌われていると思うのか」を、一つ一つ書いていきます。

 

・朝挨拶をしても、返事が返ってこない事が多い
・同僚だけで話が盛り上がり、自分は入っていけないことがある
・自分だけ残業を命じられた

など。

 

書き出しながら、その時の状況もリアルに思い浮かべるようにします。
すると、
「本当に無視されたのだろうか」
「本当にのけ者になっているのだろうか」
と思えてくるはずです。

 

朝の挨拶は、自分の声が小さくて相手に聞こえなかっただけかもしれません。

同僚だけで話が盛り上がったのも、単なる偶然かもしれません。

逆に自分も同僚と話が盛り上がり、
他の人が入ってこれなかったという場面もありませんでしたか?

自分だけ残業を命じられたのも、
あなたにしかできない仕事、あなたを信頼しての事だった可能性が高くないですか?

 

このような事に気づき、考え方のゆがみを正していくと、
それだけで軽症のうつならすっかり晴れてしまう場合もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ