いい朝を迎える為に

「眠れないと訴える人に不眠症はない」と言われています。

 

実際に、眠れないという人を夜中に覗いてみると、
結構ぐっすり眠っていたりするものです。

 

充分に眠れた感じがしないからといって、
朝、目が覚めてもぐずぐずとベッドにいるのは、逆効果です。

 

かえってだるさが増してしまいます。
なんとか気持ちを切り替え、体を動かす方が良いです。

 

いい朝を迎える為には、適度な運動と栄養が必要です。

 

運動といっても軽いストレッチ程度で十分です。
その後でシャワーを浴びれば万全です。
頭も体もスッキリして目が覚めます。

 

朝食を摂らないことを習慣づけている人は、
是非考え方を改めて、朝食を摂るようにしてもらいたいです。

 

頭は体の中で、もっとも大量のエネルギーを消耗します。
ブドウ糖がないと働きません。

 

しかも脳は、内臓の働きのコントロールなど、
睡眠中も24時間休みなしで働いています。

 

朝の脳は、栄養不足の状態となっています。

 

朝食抜きで会社へ行って、効率よく仕事をしようとしても、
頭はうまく働いてくれません。

 

また、脳の働きが不活性だと、落ち込みやすくなります。
キレやすい人も脳の栄養不足が疑われます。

 

栄養バランスの整った、ちゃんとした朝食を摂れれば
それに越した事はないですが、
そうでなくても、糖分の入った紅茶やミルクなどを飲んだり、
おにぎり一個でも食べるような習慣をつけると、
ブドウ糖の供給にもなって、午前中の脳の活動が違ってくるはずです。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ