配偶者の死からうつ病へ

大切な人を失う悲しみ、苦しみというのは、
生きている限り、何度かはめぐりあってしまう
重大出来事のひとつです。

 

特に、配偶者に先立たれることは、
老年期にうつ病を発症させる大きな原因だといわれています。

 

誰でもいつかは直面しなければならない事ですが、
実際に遭遇してみると、そう簡単に片付けられるような
悲しみではないでしょう。

 

アメリカの心理学者のトーマス・ホームズとリチャード・レイによる、
人生におけるさまざまな出来事のストレス度ランキングによると、
配偶者の死は人生最大のストレスに挙げられています。

 

しかし、一般には、配偶者の死から人は
意外に早く立ち直り始める事もわかっています。

 

人には、そうした強靭な精神の回復力が備わっているものなんです。

 

大抵は、一周忌を迎える頃には、すっかり元気になっているものです。
特に女性は夫の世話から解放されて、
自分の人生をエンジョイし始めるケースも多いといいます。

 

しかし、精神的な回復力が弱く、あまりの悲しみ、寂しさから
うつ病になってしまう人もいます。

 

いつまでも悲しみに浸っているようなら、
家族や親しい人ができるだけ一緒に時間を過ごすようにし、
気を紛らわせるようにしてあげたいです。

 

男性は、配偶者を亡くした場合、
自分で家事をしなければならず、その負担から生活のリズムが崩れ、
一層うつ病になりやすい傾向があります。

 

特に食事をしっかりとれる態勢を整えてあげるように周囲の人が
気を配ってあげる必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ