燃えつき症候群

仕事で重要なプロジェクトを任され、
一生懸命頑張り、なんとか満足のいくものが出来上がった。

 

そうした後、自分を最大限燃焼させて目標を達成してしまうと、
もはや精神的な張りを失ってしまい、
それが高じてうつに以降していまうことがあります。

 

これが「燃えつき症候群」と言われるものです。

新入生や新入社員にみられる五月病もその一種です。

 

仕事の環境によって招いてしまったうつは、
抗うつ剤を飲みながら、とにかく心身を充分に休める事が大切です。

 

うつになりやすい人は、真面目で責任感が強く、
休養の必要性をあまり理解していない人も多いです。

 

「こんな事で休んだら、会社に迷惑をかける」と
考えてしまいますが、
「この段階で休みを取り、うつを治療しておかないと、
長期休暇を取る事になり、会社にもっと迷惑をかけてしまう」と
考えなければなりません。

 

うつになりやすい人は、心の切り替えが苦手な人が多いです。
働く時には一生懸命働き、休む時には十分に休む。

 

こうした緩急自在の心の切り替えができるようになると、
うつになりにくい心と体の状態になっていきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ