うつ病の身体にあらわれる症状

うつ病には、下痢、便秘、胃もたれなどの症状が起こる事も多いです。

 

気持ちの落ち込みだけでなく、
それと同時に消化器系の症状など
身体的な症状もあらわれてきます。

 

それも持続的ではなく、うつ病の場合には、
症状があらわれては消え、消えてはあらわれるのが特徴です。

 

また、頭痛を訴える事もあります。
うつ病の場合の頭痛は、頭が割るような痛みではなく、
頭の芯が重く感じるのが特徴です。

 

うつの身体的症状は、人によってさまざまな表れ方をします。
肩こりをしやすくなった、腰痛を覚える、目が疲れやすくなった、
めまいや耳鳴りがする、口が渇く、のどに違和感がる、
動悸や息切れ、胸が圧迫されるような苦しさ、異常な発汗、
などなど。

 

はじめてうつになった場合や、うつの初期段階では、
本人は、抑うつ感を自覚しない事も多いです。

 

これはなぜかというと、
本人が今までにうつという症状にかかった経験が無いために、
うつになると、どのような身体的な症状が起こるのかを
分かっていないためです。

 

風邪を引いた、熱が出た、という場合は、
本人の過去の経験からどのような身体的な変化が
起きるのかを分かっているので適切に対処できます。

 

しかし、うつ病という症状により
どのような身体的な変化が起きるのかを経験していない為に、
上記のような身体的な変化を、うつと関連付けて判断する事ができず、
とりあえず内科を受診してみるというケースもあります。

 

しかし、内科的な治療で症状が改善されなかったりすると、
原因の特定に時間がかかってしまうこともあり、
いつまでも上記のような症状に苦しむ事になってしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ