軽症うつ病が増加しています

うつの状態になった人は、
「何をやっていても憂うつだ」
「なんとなく心さびしい、つまらない」
などと言ったりします。

 

ですが、このようなことを言っているうちは、
まだ、軽症の段階です。

 

もっと症状が進んでしまうと、
その人自身の活動力というか、生命エネルギーそのものが低下して、
感情の起伏が乏しくなって、何に対しても積極的な関心がなくなってきます。

 

「憂うつだ」とさえ言わなくなってしまいます。

 

外出するのが面倒くさくなり、部屋に引きこもり、人に会いたがりません。
無理やり出勤しても、活動性が低下しているので、
仕事の能率がひどく落ちています。

 

仕事が手につかなくなったり、注意力が散漫になっているので、
単純なミスを連発してしまいます。

 

現代社会では、うつ病という病気がだいぶ認知されてきているので、
「うつの人に対して、頑張れと言ってはいけない」
という事もかなり知られるようになってきましたが、
問題なのは、「軽症うつ病」が非常に増えてきているということです。

 

軽症うつ病とは、ちょっと見た感じには、うつだとは気がつきにくいです。
ですので、仕事場で同僚などが、元気がないと、
つい、「頑張れよ」と声をかけてしまいます。

 

上司の立場だとしたら、部下が無気力にしているように見え、
つい、注意をしたり、一喝したくなります。

 

こうした何気ない一言も、うつの人にとっては、
自分を責める言葉と受け止めてしまいます。

 

周囲の通常の対応が、
うつの人を精神的に更に追い込む事になってしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ