心理的に追いつめないこと

うつ病の方には、叱咤激励するような励まし方は、良くない影響を与えます。

 

「もっとしっかりして」とか
「なんとか頑張ろう」というような
言葉や態度で励ますのは、控えてください。

 

本人にとってみると、今までさんざん頑張ってきた結果、
疲れ果てて、うつ病になってしまったんです。

 

「しっかりしなくては」という想いは本人が一番分かっています。
それを理解してあげてください。
できるだけ、あたたかく励ましてあげてください。

 

また、病気になると、原因が何だったのか気になるものですが、
うつ病に関しては、治療中にあれこれ原因を詮索することは
意味がないだけでなく、治療の妨げになります。

 

「根を詰めすぎたのがよくなかったのか」
「職場での人間関係がうまくいってなかったからなのか」
など、本人にとってみると、思い当たることはいくらでも見つかるでしょうが、
治療中にそんな事を考えても、本人は精神的に追い込まれてしまいます。

 

原因を追究することよりも、今の治療に専念させてあげましょう。

 

そして、気晴らしをすすめるのもあまり良くありません。
本人が何日間も家にじっとしていると、
「少し気晴らしに出かけよう」と
声をかけたくなってしまいますが、
患者さん本人から、出かけたい、と言うまでは、
外出するのはすすめない方がいいでしょう。

 

ちょっとした遠出やレジャーに出かけても、
周りのペースに合わせるのがつらくて、
気を使って楽しむ事ができないですし、体力的な疲労も増えてしまいます。

 

なるべくうつ病患者さん本人の気持ちになって、
心理的に追いつめないようにしてあげてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ