回復のサイン

うつ病の人を励ましてはいけない、ということを聞きますが、
これは励まし方によります。

 

うつ病を理解していないまま、単に
頑張って!」とか、
しっかりして」などと、
叱咤激励するような感じの励まし方は良くないです。

 

必ず治るから治療を続けようね
いつも見守ってるよ」というように
穏やかに励ましてあげましょう。

 

こういった励まし方なら、本人にとっても治療を続けるうえで
大きな勇気となります。

 

また、回復の兆しが見えてきても、家族や周囲の人は焦らないで下さい。
「もうそろそろ仕事に復帰できるんじゃないのか」
「そろそろ学校へ戻れるまで回復したのでは」
などと、考えてしまいますが、できれば期限などは決めずに対応した方がよいでしょう。

 

数ヶ月に及ぶ治療期間になると、ついつい焦りがちになってしまいますが、
十分に回復するのを待って、主治医の指示に従い、万全のタイミングで
次のステップへ進む方が、逆に近道となります。

 

治療中に分かる回復のサインとしては、
・顔色が良くなる
・相手からの会話が増える
・食欲が出てきた
・夜も以前のように眠れるようになる
・自分から外出するようになる

 

など。
このような変化は家族にしか分からないものです。
相手を見守り、このような些細な変化に気づいてあげて、
前向きに治療をサポートしてあげてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ