抗うつ薬は怖い?

抗うつ薬の服用はうつ病の治療では、最も基本的なことであり、
大切なことなのですが、薬だけで解決できるとは限りません。

 

十分な休養をとったり、時にはカウンセリングをうけるなどの
精神的なサポートも必要になってきます。

 

また、抗うつ薬と聞くと、初めのうちは脳に作用する薬ということで
とても怖い印象があります。

 

性格が変わってしまうのではないか、とか、
脳が薬漬けになってしまうのではないか、とか
そのように思ってしまう方もいますが、
実際にはそのような事はありません。

 

抗うつ薬を飲んでも、その人の人格まで変えてしまうようなことはありません

あくまでも抗うつ薬とは、脳の神経伝達物質の機能を正常に戻す為の薬です。
性格まで変えてしまうようなことはありませんので、怖がる必要はありません。

 

海外でSSRIが発売された時には、
HAPPY DRUG」などと呼ばれて、人間関係のトラブルや悩みなどを
解消してくれる魔法の薬、と言われていたそうですが、
もちろんそんな効果はありません。

 

抗うつ薬を飲んでも、自分の周りの環境は変わりませんし、
悩みがなくなるような性格に変化する訳でもありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ